お金の勉強をせず老後を迎えるとやばいことになるよ

お金のはなし
スポンサーリンク

年金足りない問題について、選挙後はくすぶっていたのですが、
今日の「あさチャン」でまたぶり返していましたね。

この国はとてもおかしくて、
英語ができないとまずい!と分かれば小学校から英語の授業を初めます。
思考力がないとまずい!と分かればプログラミングを必修化します。

しかし、お金の増やし方がわからない!
ってなっても学校でお金の勉強を教える事にならないのが日本です。

自らお金の勉強を放棄しておいて困った時は政府に頼ったり、
社会を叩いたりするのが日本です。

下記を見るとわかるのですが、日本の生活保護の大半は高齢者です。
それも年々と増加しています。

年金だけで生活ができない高齢者が60万世帯もいるんですね。
高齢者の単独世帯数の総数がおよそ600万世帯ですから、10%が自活できていない事になります。
それも年々増えていますので、恐ろしい伸び率です。

現在の高齢者世代でお金が無いと嘆く人間は自己責任以外の何物でもありません。
(私は自己責任という言葉は好きではありませんが使っちゃいます)
だって普通に考えればこんなにいい環境を生きているんですよ。

・高度経済成長
・バブル経済
・GDPが増え続ける
・青天井で残業代が出る
・大して仕事できなくても当たり前の用に昇給
・貯金利息が付く

これだけ人生イージーモードで生きてきていれば、
投資をしなくても貯金だけでお金が増えたんです。

「老人はお金がない」なんて何言っちゃってんの?って話です。

現役時代は自分の趣味に散財し、
歳を取って役にも立たないくせに、金のない若い世代からむしり取る。

なぜこのような状況になってしまったのか?
それは彼らがお金の勉強、お金についてしっかりと向き合わなかった結果です。

お金を大切に扱えないらオレオレ詐欺に平気で引っかかるのです。
だって普通電話1本で何百万も振り込めないでしょ?
たとえ家族だったとしても。詐欺を含めてマネーリテラシーなんです。

我々はこの人達から教訓を得て、
お金の勉強をしなければなりません。

今日はそんなカンジです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました