問題解決能力なんて必要なし!!必要なのは…

お金のはなし
スポンサーリンク

今週も出張に行っていて更新ができませんでした。

投資家として生きたい以前にサラリーマンですので、
出張は仕方がないですね。

そういえば、最近思った事を発表します。

僕は出張は基本的に一人で行きます。
同行者がいたとしても現地集合です。

周りを見ていますと、出張時は新幹線は隣の席など、
同行者と一緒に行動している人が多く、驚きます。

いやぁ、、、お互い気を使わないんですかね?
おっさん2人で並ぶと席だって狭苦しいじゃないですかね?

まぁ、みなさん群れるのが好きなんですね。
一人の時間とかいらないんでしょうか?

さぁ、今週の結果発表と行きたいですが、
只今証券会社のメンテ中ですので、結果発表はまた明日にします。

最近ぼーっと考えた事を綴りたいと思います。

皆さん就活生や後輩に「社会人に必要なことはなんですか?」って相談される事はありませんか?
そもそも「社会人」なんて言葉は大嫌いなのですが、そんな事はおいておいて、本題に入りましょう。

ちなみに僕らが就職活動をしていた時期は、「問題解決能力」と言われていました。
みなさんもそうでは無いでしょうか?

僕の尊敬する西野亮廣さん、山口周さんの発言を見ていてなるほどなと思っていたのですが、
今の時代は「意味を作り出せる人」が勝てる時代だそうです。

そもそも現代はネットの普及等で、情報が溢れています。
この時代は、数々のノウハウが溢れていますので、もはや人類で誰かが経験した事は、
答えが公開されています。
その結果どうなったか?

問題自体がなくなってしまい、希少化していきました。
よって問題解決能力のある人の必要がなくなりました。

そうですよね?
今はコストダウンの仕方や、売上の上げ方、組織運営の仕方まで本やネットに溢れています。
よって、問題自体の希少性が出てきました。

今は問題解決能力よりも「意味を作り出せる人」が重宝されるようになったんです。
つまり、学校で教わっていたような与えられた問題を解ける人よりも、自分で問題や課題(意味)を見つけ出して、その解決が出来る人がもてはやされるようになりました。

確かに今は物やサービスに溢れています。
特に生きるに困るような問題はそうそうなくなりました。

かつては移動が便利になるように車が発明され、
暗くても本が読めるように電気が発明されました。
現代は特に不便なく行きていけるでしょ?

生きる上で必要な問題を見つける能力とは?
例えば、砂漠化を止めて、森林や畑を作るにはどうしたらいいでしょう?
現代では水道を引いたり、土壌開発技術があるため、技術的にはそれほど難しいことでは無いでしょう。

これが、問題解決能力です。
技術としてはたくさんありますよね。
技術があるのになぜそれをやらないのか?

それは、自国以外の貧しい国でそれを行っても自分の特にならないからです。
金だけ使って儲からないですしね。

そもそもそれを行うためには莫大なお金が必要です。
それに対してお金を払う意味を作り出せる人がいま必要とされる人です。

例えば、クラウドファンディング等で世の中に自分の見つけた課題を訴え(お金を払う意味を作り出し)、資金を集める人です(儲からないと行動しない問題を解決している)。
現代人は意味のあることにお金を使いたいので、意味を作り出したら、ぽんとお金を出してくれる人が多いんです。

なんかうまく言えてませんが、
そろそろまとめます。

現代の社会では与えられた問題を解くだけには価値がありません。
それは先人たちのおかげで答えが出ていますので、調べれば誰でも解けます。

その中で僕たちは、解決能力のある人の達を集め、彼らに問題を与え、
それを特く意味を与ええられる人になるべきです。

今日はそんなカンジです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました