便乗値上げしないで堂々と値上げ出来るようになれよ

お金のはなし
スポンサーリンク

10月から消費税率が10%になります。
政府はこれに乗じて便乗値上げをすることを禁じていますが、
値上げを行う会社があとを絶ちません。

外食チェーン、10月の消費増税後に「便乗値上げ」「税込み価格据え置き」の店リスト!
10月1日から、ついに消費税が10%になる。今回は「軽減税率」が導入されるため、日常生活に必要な飲食料品は8%のまま据え置かれる。そこで問題になるのが、飲食店の...

例えばマクドナルド等の外食チェーンには軽減税率が適用されます。
テイクアウトの場合は8%で、店内で食べる場合は10%となります。

マクドナルドは店内、テイクアウト共に、支払う価格を統一するそうです。
その真意は説明されていませんが、テイクアウトした客からもらった代金の2%を懐に入れたいという魂胆でしょう。
実質的な値上げですね。

これに対して、私はとやかく言うつもりはありません。

むしろ、日本にはインフレが必要と思っています。
だからこんな値上げの仕方はしてほしくありません。
堂々と値上げをすれば良いのです。

安ければ何でも良いと考えている日本人はとにかく値上げを嫌います。
よって企業は材料の質を落としたり、従業員の給料を減らして、なんとか価格を維持します。

馬鹿な消費者は自分が損をしているとは考えずにそれを受け入れているのが今の現状です。

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/消費者物価指数

 

出典:https://president.jp/articles/-/3314

ほら、これを見るとわかりますが、物価が下がるのに相関して平均年収も下がっているでしょ?

安ければ何でも良いなんて事は無いんですよ。
みなさんが物を買い叩けば叩くほど給料は上がらないし、生活は困窮していきます。

 

ちなみに世界の先進国はどうでしょう?

出典:https://toukeidata.com/country/bukka_suii_hikaku.html

 

出典:http://japbuster.hatenablog.com/entry/2016/09/16/220924

 

物価の上昇に併せて給料も上がっています。

「でも給料上がらなくても物価が据え置きなら生活に困らないのでは?」
確かにそうです。
日本で生きている以上生活に困ることなんてありません。

ただ、海外旅行をする時はどうでしょうか?
例えばオーストラリアに旅行しようとした場合、平均時給はは1,647円で、日本の平均賃金の848円のほぼ倍です。
当然物価は高いです。

500mlのコーラなんか400円くらいしますからね。

そのうち海外旅行なんて、数年前みたいに金持ちの趣味になっていくでしょう。

私はそんな事は嫌なので、値上げは歓迎しますし。
安いだけで商品を買うことはありません。

今日はそんなカンジです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました