キャッシュフローのお話

投資情報
スポンサーリンク

先日はバランスシートの怖さをお伝えしました。

今日は頼りになるキャッシュフロー計算書についてお話します。

まず、キャッシュフロー計算書とは文字通り、現金の流れを指します。
先日お話したようにバランスシートでは「利益」とされていても、
代金の入金が済んでいて現金をが増加しているか?
それとも実際の入金が住んでいない状態なのかがわかります。

つまり、キャッシュフロー計算書は、利益が本当の意味で儲けになっているのか判断できます。
現金の動きを会計士の先生が確認しているので、粉飾決算をして利益を増やしたとしても、
現金の増加が無いので、キャッシュフロー計算書で異常を発見しやすいのです。

サラリーマンの感覚ではわかりにくいと思いますが、
会社は売上なんかよりも、使える現金がある方がよっぽど重要なんです。

ちなみに、現在キャッシュフロー計算書の作成を義務付けられているのは、株式公開企業だけです。
非上場企業でキャッシュフロー計算書を作成しているところも稀にあるそうです。
そういった会社は信用できるでしょう。

さて、キャッシュフロー計算書では3つの数字に着目してください。

営業活動によるキャッシュフロー

これは会社が本業で稼いだお金を示すものです。
この数字はプラスであって、多ければ多いほどいいのです。
逆に、特に理由もないのに売上高がプラスであるにもかかわらず、
マイナスの場合は、売掛金の回収が上手く行っていないか、
粉飾を行っている可能性が高いです。(最悪の場合ね)

まぁ、営業活動によるキャッシュフローがマイナスの会社は
買わない方が無難です。

投資活動によるキャッシュフロー

固定資産や有価証券などの購入や売却に関わるキャッシュの増減を示しています。
基本的には、会社は事業を大きくしていくために投資を行うものですので、この数字はマイナスになる会社が多いです。
マイナスなのは積極的な会社ということですね。

ここの数字がプラスの場合、持っている物件や、有価証券を現金化していますので、
何かしらの資金事情があるではと推測できます。

また、毎年この数字がマイナスにもかかわらず、
営業活動によるキャッシュフローが伸び悩む場合は、要注意です。
新規事業が起動に乗らないですとか、投資効率が悪いのかもしれません。

財務活動によるキャッシュフロー

借入の状態や、社債、配当金の支払いなどで増減した現金を指します。
例えば銀行への借金を返済するとマイナス、借りるとプラスになります。

基本的には借りる額よりも、返す額が多いほうが健全ですので、この数字はマイナスの必要があります。
ただ、将来の投資のために資金を調達するポジティブな借金も必要ですので、
ここは営業活動や、投資活動の数字と比較しながら判断する数字となります。

今日はそんなカンジです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました