【株式投資を始めよう】銘柄の選び方

投資手法
スポンサーリンク
初心者
初心者

株式投資を始めたいけど、銘柄がたくさんありすぎてどれを選んでいいか分からない。
とりあえずみんなが知っている大企業に投資すればいいのかな・・・

 

この記事を読むことで数多く有る会社の業績から駄目な会社をふるいにかけることができるようになります。

ちなみに私は、株式投資を始めてから3年目であり、
現在手持ちの銘柄はいずれもプラスです。
過去には2倍になった銘柄(イントラスト)を選定していますので、皆さんの参考になるかと思います。

上場企業の数は3,663社

日本には上場企業が3,663社(2019年3月時点)あります。
その中から投資したい会社を5社程度厳選していくわけですが、
1社1社を丁寧に見ていく事は非常に骨の折れる作業です。

投資家の多く、特に稼いでいる人は会社四季報を買ってきて、
1社ずつ流し読みしていく方法を取っている方が多いです。

ですが、私達みたいに、サラリーマンにはとてもではないですが1社ずつチェックする時間はありませんね?
ここでは、10倍株とまではいけませんが、2倍くらいには伸びていく銘柄を選定する方法をお話します。

銘柄の選び方

私がおすすめするのは中長期の投資となります。
中長期投資においては銘柄の選定はとても重要な作業になります。
(デイトレードをやる方みたいに、何でも良いから値動きの激しい銘柄を選ぶわけではありません。)

スクリーニング機能を使って気になる会社をピックアップ

先程申し上げたのですが、稼いでいる投資家の多くは会社四季報を読み込み、
銘柄のピックアップを行っています。

しかしこの方法は時間がかかる上に、優れた銘柄に目を止める直感が必要となるため、
なかなか再現性は低い選定法です。

今回私がおすすめする選定法は証券会社のスクリーニング機能を使用する方法で、無料で行えます。
(楽天証券以外でもスクリーニングは出来ますが、私の環境で説明いたします)

スーパースクリーナーを表示する。

まずはスーパースクリーナーを起動します。
国内株式→スーパースクリーナー

スクリーニング条件を設定する。
東証ETF、東証REIT、東証その他をスクリーニング条件から外します。

投資したい銘柄の1単元の価格を設定します。
ここでは、お求めやすいように10万円で買える銘柄を探します。T

ここでパラメータを2項目追加します。
売上高営業利益率を10%以上
配当利回りを2%以上
その理由は私の過去の投稿から。
その理由は私の過去の投稿から。

詳細分析する

スクリーニングされた結果を見ます。
詳細分析を開いてください。

業績・予想→売上高で表示し直します。

売上高が伸びている会社をピックアップします。
ここでは売上高が右肩上がりの会社を探してください

上記のやり方でまずは投資に値しない会社をふるい落とすことができます。
今後10倍に化けるような会社もふるい落とした中に入っている可能性がありますが、全てを見る手間は省けます。
まずは選択肢になる会社をピックアップしてみてください。

ここではアルトナーが良さそうですね。

次回はピックアップした中から更に投資する会社を選ぶ方法をお話したいと思います。

今日はそんなカンジです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました