自己流!キャッシュフローの判断

投資手法
スポンサーリンク

わたしが投資判断をする基準に、
「フリーキャッシュフローが安定してプラス」があります。

今日はそれについて説明します。

決算書はここを見ろ!!

株式投資は難しくありません。
決算書には色々難しい事が書いてありますが、私が見るのはキャッシュフロー計算書です。
私も難しいことは100%理解しきれていないので、細かい説明はしません。


決算書に書いてあるこれですね。

営業キャッシュフロー+投資キャッシュフロー=フリーキャッシュフローになります。
私はこの数字が大きいほどよいと思っています。
その理由はこれです。

・現金をちゃんと持っていることが分かる
・フリーキャッシュフロー大きい→少ない投資で事業が行えている

決算書を数年分遡ってグラフにする

キャッシュフロー計算書が見つかったら下記のようなグラフを作りましょう。
今回は私の投資先のイントラストを題材にしてみましょう。
遡る年数は、傾向を掴むためにもできる限り多いほうがいいです。

ここがポイント

ここまでくれば私が挙げる下記条件を確認できます。

・安定してフリーキャッシュフローがプラスであること
→これは守れていますね。
フリーキャッシュフローが安定しているということは、
少ない投資で儲ける事ができます。
そのため無借金で事業を行っています。

・フリーキャッシュフローが増加傾向だと尚良し
→これはちょっと微妙ですね。
まぁ、必須条件では無いのでこれでOKです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました