お金や将来に不満を持ったときが投資を学ぶチャンス

お金のはなし
スポンサーリンク
過去の自分
過去の自分

この会社は責任ばかり押し付けるのに給料が安すぎる!!
なんで政府はこんなブラック企業を取り締まらないんだ!!
こんな会社に一生飼いならされるなんて嫌だ!!

 

 

答えは簡単。労働者から資本家になり、不労所得を得るのです。

先日「金持ち父さん貧乏父さん」を再読しました。上記の答えは同書から学んだ教訓です。
「金持ち父さん貧乏父さん」は私が投資を始めてから読みだした本でした。今でも初心を忘れないように定期的に読み返しています。

この本を読んだ私は毎週の結果発表の通り、プラスの投資成績を上げています。
儲けるためには投資家のマインドを持つことが大切です。

どうすれば問題が解消できるのか?

さて、みなさんが抱えているような問題はどのようにすれば解決するでしょうか?

・給料が上がれば解決する?
・ホワイト(と思える)企業に転職すれば解決する?

答えは多分「ノー」だと思います。

給料が上がってもきっと悩みは消えません
給料が上がってもこの悩みは消えることはありません。

ここで私達は収入を得る方法について理解しなければなりません。

①労働収入
②事業収入

サラリーマンの私達が得ている所得は労働力と引き換えに得た①労働収入です。
もちろん労働力と引き換えに得ているので、サボったり、病気で働けなくなってしまえば収入がゼロになってしまいます

つまり、どんなに給料が上がっても何かがあればゼロになってしまいますので不満は消えないわけですよね。

現在サラリーマンとして働く私も生活の基盤は①労働収入からなっています。

②事業収入とは会社を所有して利益を吸い上げたり、不動産を貸して賃料を吸い上げたりして得る収入のことを言います。
投資で得る収入は②事業収入となります。

事業収入はあなたがサボったり、病気で働けなくなったとしても、収入が担保されます。

お金や将来に不満を持ったときが投資を学ぶチャンス

私達は会社での不遇や、社会の仕組みに対して不平不満を言いがちです。
しかし、考え方を変えて立場を変えてみてはどうでしょうか?

極端な話ですが、いじめられるのが嫌ならいじめっ子になればいいのです。

「金持ち父さん貧乏父さん」は私達に投資により、事業収入を得るためのマインドを教えてくれています。

今日はそんなカンジです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました